テストステロンと酵素の結合を抑えるデュタステリド

抜け毛の予防としてどのようなことをしたら良いのか

男性の薄毛の原因としては男性ホルモンが大きく関係していると言われています。本格的に男性型脱毛症のメカニズムについてあまり知らない人もいるかもしれませんが、男性型脱毛症には男性ホルモンが重要な働きをしています。

 

男性ホルモンには油に溶ける性質があり、細胞の近くに、自由に細胞膜を通過して、血中に多く存在する男性ホルモンのテストステロンが血中から頭皮の組織に移り、毛乳頭細胞に自由に通過しています。

 

あくまでも、テストステロンが薄毛に関係しているわけではなく、テストステロンと頭皮に存在している酵素(5アルファリダクターゼ)と結合することが要因とされています。

 

結合した細胞をジヒドロテストステロンと呼ばれ、頭皮の毛穴の部分にダメージを与えることで、毛が生えない、生えにくくなるために、ヘアサイクルの乱れが起こりやすくなります。

 

そこで、ディタステリドを服用することで、テストステロンと酵素の結合を抑えてくれます。そのために、抜け毛の量を減らすことが期待できます。

 

 

基本的に、デュタステリドもフィナステリドも同じ作用ですが、前者であるディタステリドのほうが効果が高いというデータが出ていますので、もしどちらを使おうかと悩んでいる人にはおすすめになると思います。