抜け毛を抑えてくれるディテステリド

薄毛の辛い悩みにデュタステリド

頭皮から生えている髪の毛はどうして薄くなったり、生えたりするのでしょうか?ちょっとしたことかもしれませんが、基本的なことを知るかしないから薄毛の予防にも関わってきます。

 

人間である哺乳類動物は体中に毛が生えていますが、体に加わる力や衝撃からの保護、外注からの防衛、紫外線からの皮膚の防衛さらに保温や感覚器として機能などを守るためであります。そのために、頭皮や体から毛が生えていることは決して悪いわけではありません。

 

普段は毛の働きというと自己アピールやカモフラージュくらいしか考えていないひとが多いのかもしれませんが、どんなことを考えてから普段から髪の毛の事を考えるかによってイメージは全然違ってくるものです。

 

もともとは頭皮を守るために生えている髪の毛ですが、年齢とともに、ヘアサイクルの乱れなどが起こり、どんどんと薄くなります。

 

毛のヘアサイクルとしては、退行期、休止期と巡っていき、胎生8ヶ月までに行こうし、結果的に軟毛を作り出します。頭髪の場合は軟毛は出生後数ヶ月以内に固くて太い毛の硬毛になります、眉毛などは一年で生え変わります。

 

 

髪の毛が薄くならないように利用するのが育毛剤などですが、あくまでも育毛剤は一本一本生えている髪の毛に栄養分を与えているということになります。ディタステリは、抜け毛の原因であるAGAを根本から防いでくれるます。

 

使い方次第で、今まで悩まされていた悩みを解消してくれます。

 

 

ページの上へ