女性はデュタステリドは使えません

助成の薄毛の原因は栄養不足

ひと昔までは薄毛に悩んでいるのは男性だけでしたが、現在は女性も悩まされています。

 

男性の場合、頭皮の前頭部、それから頭頂部が薄くなるのが特徴的ですが、女性の場合は頭皮全体が薄くなる「びまん性脱毛症」が起こりやすいといわれています。

 

男性の薄毛の原因として、AGAが関係しますが、女性はダイエットによる栄養付加が関係しているそうです。

 

ダイエットのことを考え、毎日食べる食事の量を減らすことで、髪の毛に必要な「ビタミン、たんぱく質、アミノ酸」が不足し、ヘアーサイクルが短くなり、抜け毛が増えてしまいます。

 

そこで、女性にとって必要な育毛剤、発毛剤の治療薬として栄養分が含まれている物を選ぶことが重要になります。

 

あくまでもデュタステリドは男性専用で、女性が服用すると女性ホルモンに変調をきたす恐れがあるため、服用は禁止されています。

 

そのなかで、女性専用の薄毛治療薬としてはパントガールが海外で販売されています。

 

こちらは、先ほど話したように、髪の毛に必要な「ビタミン、たんぱく質、アミノ酸」が豊富に含まれています。そのために、女性の中でびまん性脱毛症に悩んでいる人におすすめの治療薬になると思います。

 

ページの上へ