韓国で許可が降りているディタステリド

フィナステリドとディタステリド

厚生労働省で許可されているのがフィナステリド、しかしディタステリドはまだ未認証だそうです。しかし、世界で見ると、韓国では許可が降りているとのこと。

 

近年、脱毛症で悩む人が急上昇中で、実はフィナステリドを服用して効果を感じなかった人が、この最終手段として、ディタステリドを服用するとのこと。

 

基本的に、フィナステリドと効果は同じで、前立腺肥大症の治療薬として開発された飲み薬です。効果とともに、副作用がかくにされているために、厚生労働省やアメリカの食品医薬品局では男性型脱毛症の治療薬として許可は現在おりていません。

 

しかし、どうして韓国で許可が降りたかというと、フィナステリドよりも効果が高いという結果が出たからだそうです。

 

フィナステリドは2型の5αリダクターゼしか阻害しないに対して、ディタステリドは1型と2型の酵素の阻害剤として働くことがわかっています。

 

そのために、頭皮の抜け毛だけでなく、体全体の体毛に対する効果も期待できるとのこと。実際に、両者を比較した実験でも、フィナステリドより、ディタステリドの方が抜け毛の予防に効き目が高いことがわかったそうです。

 

ただし、効果が強いぶん、それなりの副作用があるために、理解した上で使わなくてはいけませんね。

 

ページの上へ