デュタステリドは抜け毛の予防

抜け毛の予防のデュタステリド

抜け毛を減らしたり、発毛を促進させる「育毛剤、発毛剤、治療薬」が販売、処方されています。その中で、デュタステリドの役割りとしては、発毛より抜け毛を抑制してくれます。

 

「抑制してくれる」というよりも、簡単に話すと「頭皮を正常に戻す」という感じになります。

 

では、どうして抜け毛の量が増えてしまうのか?
これは男性ホルモンの一種であるテストステロンが関係してきます。

 

男性特有の症状で、年齢により20〜25最以降になるとテストステロンが増え、このホルモンが酵素である5αリダクターゼと結合することで抜け毛の量が増えてしまいます。

 

するとジヒドロテストステロオに切り替わり、毛乳頭を収縮することで抜け毛が起こってしまうわけですね。

 

そこで、デュタステリドを服用すると、5αリダクターゼの働きを抑えるために、テストステロンの量が多くても、結合できないために、最大限抜け毛を減らしてくれるわけですね。

 

発毛を高めるならミノキシジル

あくまでも抜け毛の量を減らすならデュタステリドになります。

 

発毛や髪の成長を高めるならミノキシジルがおすすめです。

 

ミノキシジルは頭皮や体全体の血流を活発にしてくれます。ようするに、血流を活発にすることで、血液には栄養分が豊富に含まれています。

 

たとえば、髪の毛に必要な「ビタミン、たんぱく質、ミネラル」この髪の成長に必要な栄養分をたくさん毛乳頭に届けるために、ヘアサイクルが長期間続き、結果的に「発毛、髪の増量」につながるわけですね。

 

 

ミノキシジルには治療薬の「ミノタブ」、それから頭皮に直接塗るタイプの「ロゲイン、カークランド」などいろいろあるために、自分に適用したものを選びたいものです。

 

ページの上へ