勃起不全や性欲減退について

副作用「勃起不全、性欲減退」

デュタステリドの副作用の中で気になっていたのが
「勃起不全、性欲減退」です。

 

私がデュタステリドの服用を始めたのは、周りの人の目が気になるからです。

 

やはり、薄い髪よりも、ボリュームのある髪で、かっこよくヘアースタイルを決めたいのが正直なところです。
そのためにデュタステリの治療薬を服用し、抜け毛を抑制させる。

 

 

しかし、効果だけでなく副作用を見ると「勃起不全、性欲減退」が起こるとされています。

 

私としては、異性に対する目も気になるのですが、デュタステリドを服用し、抜け毛の量をへらうすことができても、勃起不全や性欲減退になるとは意味が内容に思います。

 

 

そのため、気になったので、いろいろ調べてみると・・・そこまで気にすることはないそうです。

 

たしかに、副作用として勃起不全、性欲減退が起こる可能性もあるそうですが、発症率としてはかなり低く1〜2%だそうです。

 

  • 性欲減退 1.8%
  • 勃起機能の低下 1.3%

 

で、どうしてデュタステリドを服用することで抜け毛が起こるかというと、精神的な部分が関係するそうです。どうしても男性機能はナイーブなことが関係し、仕事など緊張やストレスが影響して勃起不全が原因になることも十分に考えられるそうです。

 

その中で、デュタステリドを服用することで「勃起不全、性欲減退になる」という「思い込み」が原因で副作用が起こってしまうそうです。

 

実際に、デュタステリドではなく、フィナステリドによるプラセボによる試験で、性欲減退、勃起不全が同じような結果が出たそうです。

 

そのために、デュタステリドを服用するときは、勃起不全や性欲減退に関して深く考えないほうがよいということになります。

 

ページの上へ